転職エージェントのつぶやき

「飲みニケーション」が無駄と考える人の心理

職場を離れて、少しプライベートな場所での飲み会は、職場の同僚や上司、部下との貴重なコミュニケーションをはかれる場でもあったりしますよね。

でも最近、飲みニケーションの効果ってあるの?飲みニケーションって無駄だよね...と考える若年層が増え、飲みニケーションを避ける人が増えてきています。

飲みニケーションで育ってきた人には理解しがたい行為ではないでしょうか?

では、どうして飲みニケーションを拒否する部下がいるのか...今回はそんな部下の心理を探っていきたいと思います。

「飲みニケーション」が無駄と考える人の心理

飲み会でのコミュニケーション、略して「飲みニケーション」という言葉が出て来ているように職場の人たちとの飲み会は重要な場なのです。

仕事場ではなかなか出来ない相談事も飲み会の席では気軽に出来たりするので、飲み会に救われたという人も多いのではないでしょうか?

ただ、最近の若い人は職場の人と飲みに行くことをあまりよく思っていない人が多く、部下に飲みニケーションを断られた経験のある上司の方も多いのではないかと思います。

仕事はプライベートをしっかりと分けたい

最近の若い人の中には、仕事は仕事、プライベートはプライベートでしっかりと分けたいという考えが強く、職場の人とプライベートな時間まで一緒にいたくはないと考えている人が多いようです。

飲み会は終業後に行われることが多く、彼らにとって、終業後はプライベートな時間なのでそんな時間に職場の人と一緒に飲みに行くことは仕事の延長のようで耐えられないと感じられるのです。

なので、上司が日頃の頑張りなどを労おうと、良かれと思って誘った飲み会が部下にとってはプライベートまで上司が入り込んできて、ひどく不愉快な場と感じられることも多いので、その点は注意が必要なようです。

自分の時間が欲しい

仕事が忙しかったり、帰りが遅かったりして、なかなか自分の時間が取れないのに、終業後まで会社に縛られたくない。もっと自分の時間が欲しいと考えて、飲み会を断る部下も多いようです。

彼らは仕事以外に好きなことを持っていたり、趣味の時間を大切にしていたりします。仕事が終わって、家に帰り、好きなことに浸る時間が彼らには何よりも大事な時間なのです。

上司が仕事人間で、仕事以外に楽しみがないと言ったような人だとなかなかこういった部下の気持ちは理解できずに、飲み会を断る心理も良く分からないということになるようです。

仕事と趣味を両立させていくことは、仕事のモチベーションの維持にとっても非常に大事なことです。部下が自分の時間が欲しいと感じているようならば、そっとしておいてあげた方が良さそうですね。

お酒が苦手(お酒に弱い)

一昔前までは、お酒を飲めなければ一人前の社会人ではないといった考えが強く、社会人になった人たちは皆、それぞれよっぽどの下戸でない限りは頑張ってお酒を飲んで、お酒を飲む場に出て行ったということがありましたが、現代ではお酒を飲めるということがあまり重要視されなくなり、それによってお酒自体が苦手という若者も増えているようです。

飲めないわけではないけど、お酒の「匂いが嫌」、「味が嫌」という人が多くなっているのです。そういった人たちにとって、飲み会の場は苦手なものをみんなで飲む苦痛な時間でしかなく、それゆえに上司から誘われてもついつい断ってしまうと言うことがあるようです。

密な人間関係が苦手

近年、若者の間では昔のような密な人間関係が苦手な人が増えています。特に上の世代の人たちとどう付き合っていいか分からない、といった人が増え、こういった人たちは上司などとのコミュニケーションを避けようとする傾向があります。

また、仕事場といった決められた場では他の人達となんとかやっていけるのだけれど、仕事場を離れ、もっと自由なコミュニケーションが可能な場になると<どう振舞ってよいか分からない>、<何をしていいか分からない>などと混乱し、そういった場への苦手意識が強い人たちも存在します。

こういった人たちは仕事場を離れた、職場の人たちとのコミュニケーションを全般的に避ける傾向にあり、そうしていった方が結果的に職場の人たちとの関係が良好であると考えているのです。

お金がない

実際的な問題として、飲み会に行くだけのお金がない若者は増えています。上司の誘いでも、毎回奢ってもらうというわけにはいかなかったり、会費制の飲み会だったりすると自分でもお金を出さなくてはいけないと考えて、飲み会に参加することを躊躇してしまうのです。

生活していくのでも大変な中、職場の飲み会への出費を捻出するというのはなかなか至難の業でしょう。また、自分が稼いだ貴重なお金を職場の飲み会に遣いたくないと考えている人も多いようです。

収入が潤沢にあり、年齢を重ねれば重ねるほどに昇給が期待出来た昔と違って、今の若者は自分の先々の収入に不安を抱いています。そんな事情もあって、なかなか職場の人との飲み会にお金を出すことが出来ないのです。

「飲みニケーション」を断る人の心理まとめ

いかがでしたか?

上司の誘いを断る部下の心理には色々なものがありそうですね。それぞれの部下が何を思って断っているのかを知ることで、よりその部下とのコミュニケーションを深めていけることでしょう。

一人で仕事を抱え込む性格を治す方法

大量のタスクがあり、自分ひとりではどうにもならないことが分かっているのに、一人で仕事を抱え込んでしまって、結果、期日に間に合わずに怒られてしまったり、無理がたたって身体を壊してしまったり。

仕事を一人で抱え込んでしまう性格は、無理がくるとすぐに破綻してしまうことになります。

一人で仕事を抱え込む性格を治す方法

では、一人で仕事を抱え込まないようにするためにどうすればよいのでしょうか?今回はそんな性格を直す方法を考えてみたいと思います。

他人に頼る癖をつける

一人で仕事を抱え込んでしまう人は、他人に頼るのが苦手です。<他の人になど頼んだら、迷惑がられるかも><他の人も同じように忙しいのに頼ることなど出来ない>などと考えて、他の人に頼る事ができません。

こういった人は、昔から一人で何でもやる癖がついてしまっており、いざという時になかなか人に頼れずに、結果、一人で抱え込んでしまうと言うことが起こってきます。

他人を頼るのが苦手で、他人を頼った経験が少ない人は、まずは他の人を頼る癖をつけましょう。他人を頼ることは始めはうまく出来ないことが多いです。タイミングが分からなかったり、どのように声をかけていいか分からなかったりして、戸惑うことも多いでしょう。しかし、それを繰り返していくと自然に他人に頼ることができるようになります。

あなたが人に頼られたら嬉しいように、他の人もあなたに頼られたら嬉しいと感じることでしょう。

忙しくない時から、他の人を頼ったり、他の人に相談したりする癖をつけておくことによって、本当に大変な時や忙しい時に人を頼ることが出来るようになります。まずは緊急時以外に人を頼る練習をしてみましょう。

他の人を信頼する

仕事を一人で抱え込んでしまう人の中には、他人に頼るよりも自分でやった方が早いし、正確だと考えている人がいます。一人で仕事をすれば、その仕事の内容の全てを一人で把握出来て、仕事のコントロールや管理がしやすいとも考えるのです。

一人で仕事を抱え込む性格の人は、心の底ではどこか他人を信じられなかったり、他の人達の能力を低く見積もってしまったりしている可能性があります。そのために、信頼出来ない他人に仕事を任せるよりも自分でやってしまった方がよいと考えているのです。

しかし、全ての仕事を自分一人で把握して、自分一人でやりきろうとすることは、当然、リスクも大きくなります。何故なら、あなたが潰れてしまった時にあなたの仕事をすぐに引き継げる人がいなくなってしまうためです。

そんなリスクを下げるために、他の人にも仕事を振っていくことはとても大事なことです。特にあなたが上司や管理職という立場にいるのなら、部下に仕事を振り分けるといったことはあなたの重要な業務の一つになるでしょう。

他の人を信頼して、相談したり、仕事を託していくことをしてみてください。そのことであなたの業務が軽減され、より効率が上がれば、あなたの能力をよりよく発揮することにもなるのです。

評価を恐れない

一人で仕事を抱え込んでしまう人の中には、他の人に仕事を頼んだり、他の人に相談したりと言うことをすると自分の評価が下がってしまうのではと考えている人がいます。

他の人を頼ることを<甘え>や<弱さ>と考え、そういった部分を職場で見せると、叱られたり、評価を下げられてしまうのではないかと考えているのです。そのために任された仕事は自分一人でこなし、誰の手も借りないでまっとうしなければならないと思っています。

これは小学校などの初期の学校教育で教えられる考え方で、子どもの頃にはとても重要な課題になります。子どもにとって<自分ひとりで何でも出来るようになる><他の人の手を借りずに一人で行う>は自立のために重要な課題です。そのために、先生や親は口をすっぱくしてそういったことを子どもに繰り返し言い聞かせるのです。

しかし、しっかりと自立して大人になると、今度は逆に「人を頼ること」を求められるようになります。他の人と協力したり、相談したりして物事を進めていくことは、多くの人で集まって仕事をしていく社会において、今度はとても重要なことになるのです。

あなたが今でも誰かを頼ることを悪いことと考えているのなら、子どもの頃に言われたことをそのまま引きずってきてしまっているのかもしれません。そうならば、そんな呪縛から解かれて、今、自分に求められていることはなんなのかをもう一度検討してみる必要があるかもしれませんね。

さいごに

いかがでしたか?仕事を一人で抱え込まないことは、本人にとっても会社にとっても、有益で重要なことです。一人で仕事を抱え込むことをよしとする姿勢があるのならば、それをよく見直してみて、人に仕事を振ったり、相談したりということを日常的に行えるようになると良いですね。

周りの人に仕事を任せることにより、周りとのコミュニケーションが促進され、職場の人間関係改善にも繋がります。是非、一人で仕事を抱え込まず、周りと大変さを分かち合ってみてください。

仕事ができない人の口癖7選

どこの職場にも仕事ができない人というのはいるものです。身近にいませんか?

さらに残念なことに、仕事ができない人に限って自分自身で自覚していない(認めない)人も多いのです。。

しかしながら、仕事のできない人には共通の口癖があることをご存知でしょうか?ここでは、仕事ができない人の口癖を7つご紹介しましょう。

仕事ができない人の口癖

「でも」&「だって」

仕事ができない人というのは、基本的にすぐ言い訳をするものです。そこでよく使われるのが「でも」&「だって」です。この口癖の後にはすぐ言い訳が出てきますので、うんざりしている方も多いのではないでしょうか。

謝罪での「すみません」

相手を引き止めるためではなく、謝罪の場面で「すみません」を使う人は仕事ができないものです。社会人であれば謝罪のときには「申し訳ありません」「申し訳ありませんでした」を使うものです。基本的な謝罪すらできないのに仕事ができるわけがないのです。

言い訳での「向いてない」

「この仕事向いてない・・・」というのは、すべての仕事における言い訳です。向いていないからできなくても仕方ないと思いたいし、言いたいのです。

何かと「めんどくさい」

基本的にすべての仕事は面倒なものです。それは当たり前のことですが、そこをあえて口に出すのですから根本的に仕事とは何かという部分がわかっていないのでしょう。それで仕事ができるわけもありません。

舌打ちでの「ちっ」

仕事ができない人に多いのが舌打ちです。これは誰もが深いになる行為ですし、社会人として最低の行為です。自分ひとりのときにするならまだしも、誰かいる場で舌打ちをしてしまうのは社会人としての意識が低すぎます。仕事ができなくて当たり前でしょう。

「時間がない」からの「忙しい」

「時間がない」「忙しい」が口癖になっている人というのは、基本的に時間の管理ができていないものです。無駄な時間をカットすることもせずに、こういったことだけ言っている人も多いものです。

自分で考えずに「どうしたらいいでしょうか?」

何か問題が起こったときに自分で考えることなく、誰かに「どうしたらいいでしょうか?」とすぐ聞いてしまう人は基本的に他力本願で仕事ができません。「少しは自分で考えろ」と思っている方も多いのではないでしょうか。

さいごに

仕事ができない人の口癖7選ということでご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

当てはまることも多かったのではないでしょうか。仕事ができない人にならないためにも、こういった口癖は控えるようにしたいものです。

使えない上司の対処法

使えない上司イライラ...ストレスに悩まされている方も多いのではないでしょうか?

過激な人は、使えない上司を潰す!と企んでいる方がいるかもしれません。

ここでは、使えない上司への対処法をご紹介していきましょう。

使えない上司の対処法

無視する

使えない上司に限って、妙に嫌なことを仕掛けてくるものです。そういったものにいちいち対応していたのでは、時間の無駄です。

使えない上司は、思い切って無視するのもひとつの方法です。もちろん、完全に無視をするのではなく、仕事で必要な最低限のコミュニケーションはおこなっていくようにしましょう。

下手に出てうまく乗せる

使えない上司に限って、何かと偉そうにしたがるものです。調子に乗せるのもしゃくかもしれませんが、ここはあえて自分のほうが下手に出て上司をうまく乗せて乗り切っていきましょう。

下手に出ることによってうまくいくこともあるのです。「下手に出てやってる」くらいの気持ちでいてもいいのではないでしょうか?

悪い例として割り切る

使えない上司というのは、社会における悪い例です。言ってしまえば、「そうなってはいけない典型的な例」なのです。

そのため、上司から何かを学ぼうという姿勢ではなく、反面教師のような形で活かしていくといいでしょう。いつかは自分も上司となるのですから、そのときに「こうはならないようにしよう」と思って見ておけばいいのです。

上司のさらに上の立場の人に相談する

使えない上司があまりにもひどい場合には、その上司のさらに上の立場の人に相談してみるといいでしょう。

いくら上司といえども、上からの指示では改善せざるを得ないものです。上司のさらに上となると相談するのも気が引けるかもしれませんが、社内の人間を見極めるきっかけにもなります。このチャンスを活かしていきましょう。

上司の分まで仕事をできるようになる

使えない上司なら、最初から使わないようにすればいいのです。上司を使わなくても済むくらいに、自分がその分仕事をできるようになればいいのです。

上司を使うのは上司でないと押せない印を使うときだけ・・・くらいのつもりで仕事をしていけば、上司を追い越して昇進できるかもしれません。

さいごに

使えない上司への対処法ということでご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

使えない上司に悩んでいる方というのは本当に多いものです。使えない上司に限って扱いが難しいものですが、ここでご紹介した対処法を活かしながら使えない上司をうまく転がしながら仕事をしていきましょう。

仕事を辞める勇気をつける方法

仕事を辞めたいのに辞められない状態が続いて、心も体もぐったりとしているという方は多いのではないでしょうか?

仕事を辞めたい!と思っても、タイミングは?口実は?などいろいろ考えてしまい、仕事を辞める勇気がない方って意外と多いんです。

ここでは、仕事を辞める勇気をつける方法をご紹介していきましょう。

仕事を辞める勇気をつける方法

仕事をずる休みしてみる

仕事を辞める前に、一度仕事をずる休みしていましょう。もちろん、無断欠勤ではなく、適当な理由をつけて休むのです。

学生の頃に誰もが一度くらいは経験のあるずる休みですが、社会人のずる休みというのは思っている以上に心が安らぐものです。「行きたくない」という気持ちが強まれば、自然と勇気も出てくるものです。

先に転職先を決めてしまう

辞めざるを得ない状況に自分を追い込んでみるのもひとつの方法です。

今の仕事を辞めるために、先に転職先を決めてしまいましょう。転職先のこともありますので、辞めなければいけない状況に自然と追い込まれていきます。

誰かに辞めることを伝えておく

勇気をつけるために、辞めることを事前に誰かに伝えておきましょう。当然、同じ職場の方がいいでしょうし、できるなら直属の上司に伝えておくといいでしょう。

直属の上司に伝えれば、そこからより具体的な話へと進んでいくことになります。自然と辞める方向へと話が進んでいきますので、辞める勇気が出てきます。「辞めるぞ!」と逆に気合いが入るようになるかもしれません。

辞表を書いておく

仕事を辞めるとなったときに必要となってくるのが辞表です。仕事を辞めるのであれば、辞表の作成は最後の一仕事といったところでしょう。

実際に、辞表を書いていると「辞める」という実感がよりリアルなものになってきますので、辞表そのものが辞める勇気につながってくるかもしれません。

今の仕事の嫌なところを挙げていく

辞める勇気をつけるために、今の仕事の嫌なところを具体的に挙げていくのもひとつの方法です。

ただ思い浮かべるのではなく、実際に紙に書いていくといいでしょう。きっとたくさん出てくるかと思います。かき上げたものを見直していけば、「こんなに嫌な仕事ならさっさと辞めよう」という気持ちになってくるものです。

さいごに

仕事を辞める勇気をつける方法ということでご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

さっさと辞めたい仕事であってもいざ辞めるとなると妙に勇気がいるものです。迷って時間を浪費してしまうよりは勇気をつけて、さっさと辞めてしまったほうがいいものです。頑張りましょう。

仕事が辛い時の対処法5つ

仕事をしていると「もう無理!辛い!」となってしまうこともあるのではないでしょうか?

ここでは、仕事が辛い時の対処法を5つご紹介していきましょう。

仕事が辛い時の対処法

休憩する

仕事が辛い時には、思い切って休憩するのもひとつの対処法です。

人間というのは基本的に頑張り続けることのできない生き物ですから、やはり休憩は必要です。「仕事を頑張りたいのに頑張れなくて辛い・・・」という方は、頑張るためにも一度休憩するようにしましょう。休憩も仕事のうちだと考えればいいのです。

誰かに相談する

仕事が辛いからといってひとりで抱え込んでいたのでは、余計に辛くなってしまうものです。

思い切って、誰かに相談してみるのもひとつの方法です。同僚でもいいですし、先輩でもいいでしょう。上司に相談するのもいいかもしれません。素直に「辛い」と打ち明けることによって、辛さが軽くなるように働きかけてくれるかもしれません。また、誰かに相談するだけでも心は軽くなるものです。

自分にご褒美

仕事が辛い時には、自分にご褒美をあげるのもいいのではないでしょうか?辛いのに仕事を頑張っている自分へのご褒美です。おいしいものを食べてもいいですし、ほしかったものを買うのもいいでしょう。

「これを乗り越えたらご褒美」と自分にとっての目標のようにすれば、自然と仕事へのモチベーションも高まってくるかもしれませんし、辛い気持ちもどこかへと飛んで行ってしまうかもしれません。

音楽を聞く

仕事が辛い時には、音楽を聞くのもいいでしょう。

音楽療法というものがあるくらいですから、音楽というのは人の心にも体にも働きかけてくれるものなのです。自分の好きなアーティストの音楽をとことんリピートするのもいいでしょうし、癒し系の音楽を流すのもいいでしょう。

なぜ辛いのか分析してみる

仕事が辛いときには、なぜ辛いのかを分析してみるのもひとつの方法です。「なぜ辛いのか」という部分が明確になることによって、自分が何に対して苦しんでいるのかがわかるようになります。

問題がクリアになると、それだけで辛さというのは一気に軽くなるものです。あえて、辛いことと向き合って分析にしてみましょう。

さいごに

仕事が辛い時の対処法5選ということでご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

「仕事..辛いな..」と思ったときには、是非実践してみましょう。辛い仕事もまた頑張れるようになるのではないでしょうか。

部下から信頼される上司になる方法5つ

仕事を円滑に行っていくうえで、部下からの信頼を集めておくことは上司にとってはとても重要なことです。

あなたも信頼できない上司と一緒に仕事をすることは苦痛だと感じることでしょう。自分の部下にそう思われないためには、日頃からどんなことに心がけておくとよいのでしょうか?

今回は部下から信頼される上司になる方法を考えていきたいと思います。

部下から信頼される上司になる方法

感情的にならない

部下から見て、一番信頼ならないと感じる上司は感情的になる上司なのです。感情的になる人の下についていると、相手の機嫌次第で怒られたり、文句を言われたり、理不尽な指示が飛んできたりということがあります。

そういったことが繰り返されていると部下はそんな上司の相手をしていることに疲れてしまい、その上司の下で働くことに嫌気がさしてしまったり、仕事へのモチベーションが低下して、なかなか仕事に出て来れないなどということが起こってきます。

逆に感情的にならず、いつも冷静にものごとを見られたり、緊急時でも慌てずに対処出来る上司の姿を見ると、部下はそんな上司のように自分もなりたいと感じて、上司に信頼を感じます。

また、感情的に怒られることがないと分かっているので、たとえ上司に叱られたとしてもその叱責をきちんと受け止めて次につなげていくことができます。

職場での感情的なやりとりは、子どもっぽく見えたり、頼りなく感じられたりするものです。感情的になりやすい人は、せめて部下にはそういった部分を見せないようにしておいた方が良いのです。

一貫した指示を出す

昨日言っていたことと今日言っていることが違う。指示されたとおりにやったのに、全然違うじゃないかと怒られたなど、上司の指示が一貫していない場合、部下はその一貫性のない指示に混乱して、業務に支障をきたしたりします。

また、部下が不満に思っていることの多くが、上司からの理不尽な指示や叱責であり、そういったことも部下への指示が一貫していないために起こっていることも多いのです。

一貫性のない指示を出す人は、人の考えや気分に流されがちです。誰かの意見を聞いて、すぐに仕事の方向性を変えたり、上の人などの機嫌をとるためにその人のいいようにと動いたり。その場その場で言うことが違ったり、やることが違ったりするため、部下としてもそんな上司にどうついていったらよいのか分からずに混乱してしまうのです。逆の立場だったら、あなたはそういう上司を信頼できますか?

部下の信頼を集めたいと思っているのならば、まずは自分の指示を一貫したものにすることが重要です。自分の言ったことを忘れたり、指示した内容を覚えていないなどということがあると一貫した指示を出すのは難しくなるため、部下への指示はしっかりと自分の頭の中にいれておかなくてはならないでしょう。

部下のことを知る

自分語りが多く、自分の自慢話ばかりしていて人の話を全く聞かないといった上司は部下に疎まれます。自慢話も時々なら良いのでしょうが、あまり自慢話や自分の話しばかりしていると部下からは構ってちゃんの子どもっぽい上司という印象をもたれてしまいます。

上司になり、部下の上に立つのならば、自分のことよりもまずは部下のことを知るようにしましょう。その部下がどんな性格で、どんな仕事の仕方を得意としているのか、または苦手としているのか。そういったことを把握しておくことにより、仕事の指示の出し方や割り振りなどもスムーズに行うことができます。

部下とコミュニケーションをとる

部下とよく話し、コミュニケーションをとることは部下の信頼をえる事になります。上司がよく話しかけてくれて、色々と目を配ってくれていると感じることは部下にとってはとても嬉しいことです。

そういった上司の下では、部下は自身のパフォーマンス以上の仕事をしようと奮闘することが出来ます。期待をかけられれば、それに応えたいと思うのが人間の心理なのです。

また、普段から部下の話をよく聞き、それに耳を傾けていると、部下が困った時や何か相談事などがある時に上司に話しかけやすく、相談しやすいのです。そういった相談に乗ることも上司の重要な仕事の一つです。日ごとから、部下とのコミュニケーションをかかさずにとり、部下のことをよく知っておいて下さい。

自分の価値観を押し付けない

上に立つ人間だからこそ、部下にはあれもこれもと色んなことを教えて、吸収していって欲しいと思うものです。

しかし、部下に教えることと、自分の価値観を押し付けることを混同するのはとても危険です。部下から押し付けがましい、あの人は自分中心でしか物事を考えられないなどと評価されてしまうと、その上司は部下からの信頼を一気に失ってしまいます。

仕事などのやり方については、自分でベストだと思うものを伝えるのは良いのですが、それが相手にとってもベストかどうかは、それを使う相手によります。教えることと強要することをごっちゃにしないように気をつけましょう。

さいごに...

いかがでしたか?信頼される上司になるためには、信頼されない上司がどのようなものかを知っておくことが大事なようですね。

ぜひ、上記を参考にして、部下に信頼される上司になってください。