転職エージェントのつぶやき

部下から尊敬される上司の特徴7つ

職場において部下からの信頼を集める事は上司にとっては、とても大事な職務の一つです。部下からの信頼があるのとないのでは業務の遂行のスムーズさなども変わってきます。

では、どのような上司であると部下からの尊敬を集める事ができるのでしょうか?

部下から尊敬される上司の特徴

今回は、部下から尊敬される上司の行動を7つ集めてみました。

決断力がある

上司に求められるものは、難しい状況でのその状況を判断する力とその後の意思決定を行う決断力です。

大きな責任を負っている立場の上司だからこそ、大事な状況での決断力が重要になってきます。そういった際、部下には最終的な決断を下す事は出来ず、上司に委ねるしかありません。

決断力のある上司の下にいる部下は安心して、上司に大事な決断をゆだねる事が出来ます。優柔不断で、意見がころころ変わってしまい、なかなか決断できない上司の下では、部下もその変わりやすい方針に振り回されて、仕事を安心して行っていく事が出来ません

自分達が安心して仕事に向かえる環境を整えてくれる上司の事を部下は尊敬に値すると感じるのです。

情に厚い

仕事などにどんなに厳しくても、その奥で優しさや相手を思いやる心などを持っている情に厚い上司は部下達からの尊敬を集めます。

その言葉がどんなにキツいものでも、その言葉の奥底には相手を思いやる気持ちがあると言う事が自然に部下にも伝わっていくためです。

部下を思って、部下のために、他人のためにと考えられる上司の優しさを部下は自然と感じる事が出来て、その人のためにも自分ももっと成長していこうと思うことが出来ます。

逆に仕事に厳しく、身勝手な上司の下では、部下は萎縮して、その人の顔色を伺うばかりになり、仕事をするにもいつも上司のご機嫌をとってという状況になり、なかなか成長は見込めません。

プライベートも大事にしている

仕事は仕事でしっかりとこなしながらも、プライベートな時間はプライベートな時間で家族と過ごしたり、趣味などの好きな事をしたりと仕事以外のプライベートな時間も大事に出来ている上司は尊敬されやすい傾向にあります。

そういう上司は、自然に部下のプライベートも尊重する事が出来るので、部下に無理な時間外労働などを押し付ける事もなくなります。そのため、そういった上司の下では仕事がしやすいと感じる部下が多いのです。

仕事ばかりの人で、会社に来ることが生きがいといった上司の下では、部下は息を抜くことが出来ません。上司自ら、プライベートな時間を大事にする事で、部下の仕事と遊びのワークバランスを上手く保つ事が出来るのです。

信念を持っている

仕事をするにおいても、自分の中にしっかりした考えや信念を持って仕事をしている上司は部下から見ても頼りになり、その揺るがないものの下で安定して仕事に取り組む事が出来ます。

信念がなく、いつも人の言葉に流されてしまったり、考えをころころと変えたりといった人の下では部下はなかなか安定して仕事をする事が出来ません。

ただ、注意しておかなければならないのは、自分の持っている信念は信念として大事にして、同時に相手も同じように信念を持った人間だと尊重出来ることが良い上司の条件だと言う事です。

自分の信念だけは大事にして、相手の信念をないがしろにするようだと部下からは煙たがられてしまう事でしょう。

部下の話に耳を傾ける

一方的に指示をするだけではなく、時に部下の困っている事や悩んでいる事に耳を傾け、それを改善しようと努力する上司に部下は信頼の念を抱きます。

人は他人の気持ちはどうしたって分からないものです。部下の気持ちを全て分かった気になって、部下の話に耳を傾けない上司では、部下は段々と離れていってしまう事でしょう。

相手の気持ちは聞くまで分からないという事を知っていて、常に部下の言葉に耳を傾けられる姿勢を持っている上司の下で仕事をする部下は、何か困った事があれば、上司に相談すればよいと感じ、自分は上司に常に守られているという実感を持つことでしょう。

感情的にならない

仕事場で理不尽な事や腹が立つことに出会っても、冷静に対処し、決して感情的にならない上司の姿勢を見ると、部下は上司が安定している人だと感じ、この上司にならば、安心して任せることが出来ると感じます。

逆に常に感情的で、自分の思うがままに怒鳴りちらしたり、怒ったりといった上司の下では、部下は上司を子どもっぽい人だと感じて、あまり大事な事などを任せられないと考えるでしょう。

褒め上手

叱る時にはきちんと叱って、褒める所ではきちんと褒めることが出来る上司の下では、部下は自分が仕事上で何を目指していけばよいかを明確に定める事が出来るために、上司の期待通りにどんどんと成長していけます。

褒められて嬉しくない人はいませんし、それが自分に評価を下す上司からならば、なおさらです。あなたにもっと褒められたいと部下が感じられるような褒め上手な上司を目指してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

部下に尊敬される上司になることは、自然に職場での円滑な業務遂行を生み出します。日常の言動に少し気をつけて、部下からの尊敬を集める上司へとなってくださいね。